きのうは水とまつげしか食べてません

きのうは水とまつげしか食べてません

旅行や街歩きのオトクな情報をご紹介。3分で読み切れる記事を書いていきます。

福岡男1人旅でグルメもモデルコースも楽しみまくる【3日目】

福岡旅行記ももう終わり。朝発の飛行機に合わせ早起き。寝坊しかけた。しかし空港まで18分しかかからないのだから安心だ。

 

 1日目はこちら

chiri3526.hatenablog.com

2日目はこちら

chiri3526.hatenablog.com

中洲川端駅までは少し歩くが、朝の中洲は歌舞伎町のようでローカル感の強い光景。

 

福岡空港でうどん

やりうどんのごぼ天うどん


 

最後の食事はもつ鍋だったが、アンコールはうどん。博多やりうどんを食べに行くが、コロナの影響で営業開始時間が30分遅い。かなりギリギリだ。

 

博多やりうどん 別邸」でゴボ天うどんを注文。うどんは柔らかい麺で優しい出汁が身に染みる。

 

そしてゴボ天。10センチほどのゴボウ天が3本もついて655円は空港という場所を考えると安い。

 

急いでたいらげ、搭乗口へ。成田空港と違うのはLCCでもすぐに荷物検査場から搭乗口へ行ける点だ。急ぎ足で5分もかからず到着。

 

ジェットスターのオンラインチェックインを既に済ませてあるので、こんなギリギリの時間でも間に合う。

 

その後はバスで飛行機まで移動するので、この時間に遅れないようにすることが肝心。

 

成田空港着

帰ってきてしまった。旅はいつもあっという間に終わってしまうなあ。

 

物悲しさを感じながら向かったのはそう。ラウンジ。

ラウンジは帰国後、帰京後も使える

f:id:chiri3526:20200922111422j:image

意外と知らない方も多いのだが、出発だけでなく到着後の空港でもラウンジは利用できる。ただし荷物検査前にあるラウンジに限られるため限定される。

一杯ひっかけて帰路に着くことができる。帰りも京成の株主優待でお得に都内に戻る。

 今回のコースと費用

 

費用

  • 旅費(飛行機代+諸税) 20,570円
  • 交通費(成田−都内)900円
  • 地下鉄往復 520円
  • 西鉄バスフリーパス 900円
  • 能古島高速船500円
  • 能古島フェリー230円
  • 西鉄往復(西鉄福岡−太宰府) 820円 
  • 一幸舎とんこつラーメン 750円
  • 元祖長浜屋とんこつラーメン 550円
  • 博多ラーメンShinShin 600円
  • coffee countyアイスカフェオレ 500円
  • おでん「峰」 2,000円
  • レミさんち 3,700円
  • 濱田屋本店水炊き(個室料金込) 2,000円
  • かさの家梅が枝餅 130円
  • 一慶もつ鍋 4,000円
  • やりうどん別邸 720円
  • 宿泊費 3,000円
  • 計: 41,690円(安!)