きのうは水とまつげしか食べてません

きのうは水とまつげしか食べてません

旅行や街歩きのオトクな情報をご紹介。3分で読み切れる記事を書いていきます。

たった8,000円でファーストクラス!JALの予約で事前アップグレードをする方法と注意点について

JALの国内線に搭乗される際、予約した便の上位クラスに空きがあった場合は普通席からクラスJ、ファーストクラスにアップグレードすることができます。

 

しかし、このアップグレードは先特などのお得な料金で購入した場合には当日空港のみで受け付けており早いもの順になっています。

www.jal.co.jp

 

つまり上級会員を目指す修行僧たちが安い単価で良いクラスに乗るため早起きする、という現象が起きます。

 

実はこのアップグレードを事前に行うことができる方法があります。この記事では、その手順について詳しく説明いたします。

 

先特等でも事前にアップグレードできる!

ファーストクラス

ANAの場合は搭乗日の2日前からWEBで事前にアップグレードをすることができますが、JALの場合は当日アップグレードしかないのでしょうか。

 

www.ana.co.jp

実は、JALにも事前にアップグレードをする方法があります。しかも、アップグレードの利用も当日空港でアップグレードするときと同じ金額になります。

 

通常ファーストクラスなどの予約料金は先得の場合、普通席よりプラス30,000円ほどになってしまうため、アップグレードはお得にファーストクラスに乗るための手段です。

 

事前アップグレードの方法とは

事前アップグレードをするためには、JALのコールセンターへ振替をお願いする必要があります。

 

意外な方法ですが、裏技でもなく正式な手続きなのでコールセンターの方も難なく承ってくれます。

 

振替をする手順

振替をするためには、1.事前にアップグレードするクラスに空きがある便を確認する、2.コールセンターへ振替の連絡をする、3.その際にアップグレードしたい旨を伝える、となります。

 

それぞれの手順について解説します。

 

1.事前にアップグレードするクラスに空きがある便を確認

まずは、振替をする便にアップグレードする座席があるかを確認する必要があります。公式サイトやアプリなどで、該当の便を検索しファーストクラス、もしくはクラスJに残席があるかを確認しましょう。

該当の便にファーストクラスがあるかを確認

www.jal.co.jp

 

残席の確認をしたら、便名と時間を控えておきコールセンターへ連絡します。

2.コールセンターへ振替の連絡

コールセンターへの問い合わせは、JMB会員かどうかで番号が変わりますが事前アップグレードをするような人は100%会員のはずなので、以下の番号に電話することになります。その際、会員の番号とパスワードが必要になるので事前に確認しておきましょう。

0570-025-022

03-5460-0311

 

sp.jal.co.jp

3.その際にアップグレードしたい旨を伝える

オペレーターにつながり、振替の旨を伝えた際に「上位クラスに残席の空きがある場合 

 アップグレードしたい」と伝えましょう。

 

これで、振替した便のクラスにリアルタイムで空きがあればアップグレードすることができます。後述しますが、振替をした便についてはしっかりと自分でメモやカレンダーに入れておき、絶対に忘れないようにしましょう。

 

また、電話番号を伝えておくとSMSで振替した便の情報をメッセージ送信してもらえます。必ず希望して送信してもらいましょう。

アップグレード料金の支払い方法

アップグレード

アップグレードした料金の支払い方法については2つあります。1つめは予約した際に使用したクレジットカードで決済をする方法、2つ目は搭乗日当日にカウンターで支払いをする方法です。それぞれ詳細を解説します。

 

クレジットカードで支払い

電話で振替を行ったタイミングで、アップグレード料金について支払うことができます。これは、予約していた便がクレジットカードで支払いをしている場合に限り同じカードでの決済が可能です。

 

しかし、予約していた便に振替をしたクラスと同じクラスがない場合には決済できません。どういうことかというと、予約していた便が901便、振替・アップグレードしたい便が905便だとします。

 

901便には、ファーストクラスの設定はなく、普通席とクラスJしかありません。一方で振替をした905便でファーストクラスにアップグレードをした場合には、電話でのクレジットカード支払いはできないことになります。

 

このような場合には、次の当日カウンターでの支払いになります。

当日カウンターで支払い

クレジットカード

当日カウンターでの支払いは、どのような振替の場合でも行うことができます。振替によるアップグレードをした場合にはどちらにしてもカウンターに寄る必要があるのでついでに料金の支払いもすると考えて良いでしょう。

 

チェックインカウンターに行き、電話で振替とアップグレードをした旨伝えます。かなり例外的なチェックインになるので、よほどなれたスタッフ出ない限りかなり時間がかかります。15分以上はかかると考えておきましょう。

 

その後、アップグレード料金について説明があり、支払いをすることができます。この際は現金でもカードでも構いませんし、予約した際に利用したカード以外のカードでも支払いができます。

事前アップグレードをした際の注意点

このように事前アップグレードをすることで、当日アップグレードを狙って空港の開館時間前に並ぶ必要もなくなります。また、確実にファーストクラス、クラスJに乗れるとわかっている安心感も大きいです。

 

しかし、一方で注意する点も2つあるので最後にそれを解説します。

アプリのトップに表示されない

予約を確認

電話で振替をした際に「ウェブでの予約に表示されない」という注意がされるはずです。実際にアプリを開いてみても振替は済んでいるのに予約が表示されませんが安心してください。

予約の確認

アプリのトップに予約は表示されていませんが、「予約確認」から予約を確認ボタンをタップすると便が表示されます。ここで実際に振替ができているかを確認できます。

カウンターでの発券に時間がかかる

最も気をつける注意点は、カウンターでの発券に時間がかかることです。料金の支払いでもお伝えしましたが、事前アップグレードは制度として認められているものの実際に利用している人は少ないので、グランドスタッフの方も滅多に無い対応になります。

 

そのため、チーフの方に問い合わせたり、操作に時間がかかったりするので早くても15分ほどは発券までにかかってしまいます。最低でも出発の1時間前までにはカウンターにつくようにしておきましょう。

 

土日祝日などはカウンターが混み合う場合もありますが、事前アップグレードしている場合は大丈夫です。なぜならファーストクラスを利用する方はファーストクラス専用のカウンターを使うことができるからです。

 

こちらはあまり混み合うこともなく、また、利用者も空港に慣れている人ばかりですので安心です。グランドスタッフの方も優秀な対応をしてくださるので身と荷物を預けて

手続きしましょう。

 

以上のような注意点にさえ気をつければ、非常に快適なJALの事前アップグレードを利用できます。ネットにもあまりない情報なので今回まとめさせていただきました。

ぜひ素敵なファーストクラスの旅をお楽しみください!