きのうは水とまつげしか食べてません

きのうは水とまつげしか食べてません

旅行や街歩きのオトクな情報をご紹介。3分で読み切れる記事を書いていきます。

男ひとり旅で楽しむ沖縄!ANAの上級会員になるための修行

今回は修行と呼ばれる航空会社の上級会員になるため、ひたすら羽田-那覇間を往復する旅の紹介です。

 

那覇での移動は緊急事態宣言前でしたが、感染拡大防止のため、食事は人のいないところで短時間で済まし、開けた場所の散策にとどめました。

今回のルートはこちら

 

エアポートラウンジで出発までゆっくり

f:id:chiri3526:20210527105000j:image 

まずは羽田空港へ向かいます 。羽田空港では珍しく保安検査場のあとにカードラウンジがあるので、そちらに行きます。

f:id:chiri3526:20210527105016j:image

カードラウンジなので、アルコールなどの提供はありませんが朝なので温かいコーヒーなどが飲めて充分な満足感です。

 

しかもラウンジ内からは飛行機が見え、航空ラウンジと変わらない景色を見ながら寛ぐことができます。

搭乗したのは国際線機材

f:id:chiri3526:20210527105041j:image

今回搭乗したのは、国際線で使用されている機材で、各座席にモニターが搭載されWi-Fiも使用できます。座席もやわらかで心地よく、2時間ちょっとのフライトも快適に過ごすことができます。

 

空席があればプラス15,000円でプレミアムクラスと呼ばれるビジネスクラス相当の座席を予約することもできますが、同じような国内線ファーストクラスをJALが8,000円で提供しているため、今回は検討しませんでした。

 

ちなみにその国内線ファーストクラスに搭乗した際の様子はこちら。

 

chiri3526.hatenablog.com

 

シェアサイクルで移動

沖縄に到着後はゆいレールというモノレールで移動するのが王道ですが、密を避けるためバスで市内のターミナルまで移動後、シェアサイクルで移動します。15分80円と破格の値段で移動できるので、天候と体力が許せば利用しない手はありません。

www.protosolution.co.jp

 

有名なお弁当屋さん「丸江弁当」

最初に向かったのは旭橋駅から徒歩10分ほどの場所にある「丸江弁当」です。 こちらのお店は早朝から空いている沖縄料理を始めとしたお弁当を格安で販売している弁当屋さんです。

 

 とんかつ弁当が370円など沖縄価格で、美味しいお弁当が食べられるとして有名で、お昼過ぎには全てのお弁当が売り切れてしまいます。

 

私が訪問した際にも全てのお弁当が売り切れ。ステーキ屋さんのテイクアウトでも探すか、、、と自転車にのって別の場所へ移動します。

tabelog.com

ローカル感満載の辻スーパー

f:id:chiri3526:20210527105123j:image

自転車にのって、旭橋周辺を散策していると、ふと目に止まったのがこの辻スーパー。イオンやユニオンなども沖縄では有名なチェーンのスーパーですが、ローカル感あふれるこの佇まいに思わず足が止まってしまいました。
f:id:chiri3526:20210527105127j:image

入ってみると、まさに先程のお弁当屋さんで食べられなかったお弁当がたくさん残っていました。しかも値段も格安!
f:id:chiri3526:20210527105118j:image

空港で買えば200円はするジューシーのおにぎりも1つ90円!しかも手作りでボリュームがあります。

波上宮でランチ

f:id:chiri3526:20210527105218j:image

お弁当を持って向かったのは波上宮。この波上宮は崖の上につくられており、古来から信仰されてきた海神の国(ニライカナイ)の神々への祈りの場所として昔からありました。

 

かつては3本あった鳥居ですが、沖縄戦の激しい損傷により1つがなくなり、今はこの鳥居が第一鳥居となっています。


f:id:chiri3526:20210527105207j:image

波上宮を抜けると、広場のような開けた場所になっており、ベンチもあったので日陰で食事をします。
f:id:chiri3526:20210527105211j:image

たくさん歩いてたくさん汗をかいたので、これがうまい!この麦職人発泡酒の中でも1位、2位を争う美味しさですが、沖縄でしかみることができないのが残念。
f:id:chiri3526:20210527105215j:image

そして先程購入したゴーヤーチャンプルは300円なのに、目玉焼き、ポーク2つ、とんかつ2切れという大盤振る舞い!苦味と塩味が非常にビールにあう美味しさです。

波の上ビーチ

f:id:chiri3526:20210527110200j:image

食事を終えて向かったのは波の上ビーチです。幸いなことに晴れの天候だったので海を見ない手はありません。
f:id:chiri3526:20210527110205j:image

沖縄の海は透き通った青色で、珊瑚の砂浜が映えますね。何度見ても飽きない景色です。

タコス屋アミーゴ

f:id:chiri3526:20210527110230j:image

続けて向かったのは翌日用のご飯のためのタコス屋アミーゴさん。
f:id:chiri3526:20210527110226j:image

お店の中も外も黄色と赤の原色が鮮やかな塗装です。テイクアウトも店内ですんなり注文できるので、大変便利です。

タコス250円

f:id:chiri3526:20210527110249j:image

タコスは250円からとお得な値段。食べたばかりですが思わずいま食べる用にもう一つ買ってしまいました。

 

タコスはサルサソースが別で付いており、食べる前にそれをかけていただきます。このサルサソースが独特の味付けで、トマトやレタス、チーズ、ひき肉と相性抜群です。

tabelog.com

旭ヶ丘公園でゆっくり

f:id:chiri3526:20210527110315j:image

波上宮の崖下にある旭ヶ丘公園は木々が茂っており日差しの強い日でもゆっくり寛ぐことができました。
f:id:chiri3526:20210527110311j:image

ネコもたくさん見られて景色に飽きることもありません。異国の木々に囲まれて旅をしているんだなと実感できます。

パーラー小やじで一杯

f:id:chiri3526:20210527110333j:image

ホテルにチェックインした後は牧志市場へ。混み合っているお店は避け、座席の開けているパーラー小やじさんへ。オリオン生を一杯だけ。

早摘みザーサイ

f:id:chiri3526:20210527110349j:image

つまみには早摘みのザーサイ。コリコリとした食感にやや辛味があってお酒に合います。300円と安い!

ごぼうの醤油漬け

f:id:chiri3526:20210527110407j:image

ごぼうの醤油漬けもコリコリ食感。臭みは全く無く、中まで醤油漬けが染みています。こちらも300円と良心的。

tabelog.com

イオンでお土産購入

f:id:chiri3526:20210527110519j:image

帰り道にホテルで飲む用のお酒とお土産を買うため、イオンに寄りました。全国チェーンのスーパーに旅先でいくなんで無粋に思う方もいるかもしれませんが、沖縄のイオンには多分に沖縄成分が含まれていてかなりお得にお土産などの買い物が済ませられます。
f:id:chiri3526:20210527110527j:image

にんじんしりしりも150円。たっぷりにんじんと卵が入っていてビタミン摂取。
f:id:chiri3526:20210527110523j:image

レンジで作るソーキそばも売っていました。300円のものに紅生姜とネギを購入。こういう買い合わせができるのもイオンならではですね!

夜の波の上ビーチで一杯

f:id:chiri3526:20210527110435j:image

天気もまだまだ良かったので、外へ出て人のいない波の上ビーチへ向かいました。夜の海は日中とはまた違う雰囲気がありますね。

 

オリオンビールの作るチューハイ「WATTA」と日本では沖縄にしかないバーガーチェーン「A&W」ことエンダーのコラボサワーを片手に更けていく夜を波音とともに過ごしました。

www.orionbeer.co.jp

2日目

夜が開けて翌日、再び飛行機の往復をするため空港に向かいます。しかし、路線バスがいつまで経っても来ない!

 

やむなくゆいレールに乗って空港に向かいますが時間もギリギリです。

保安検査ギリギリで通過

f:id:chiri3526:20210527110638j:image

なんとか発券と保安検査をギリギリで通過しました。時間が迫っていると、名前を呼び出しされてしまうんですね💦

 

初めて空港アナウンスの呼び出しを受けました。直後に保安検査に行けたのでなんとか事なきを得ました。

非常口席は足元広々

f:id:chiri3526:20210527110659j:image

予約していたのは非常口席で、前方に席がなく足元広々でゆったりしたまま羽田へ行けました。

 

もちろん非常の際にはCAさんの補助をしなければならないので、ある程度の覚悟をもって予約しましょう。そんな経験ができたら逆に貴重ですが。

羽田パワーラウンジでひと休み

f:id:chiri3526:20210527110601j:image

 羽田に到着後はパワーラウンジでゆっくりします。このラウンジはゴールド以上のクレジットカードを持っていれば誰でも入れるので便利です。また、制限区域内にありわざわざ再度保安検査を受けなくて済むのも便利ですね。

 

個人的には青汁とホットミルクが飲めるのが嬉しいポイントです。二つを合わせて抹茶ミルク風にもできますよ。

那覇国際線側の吉野家

f:id:chiri3526:20210527110747j:image

那覇空港到着後は次の便まで微妙な時間だったので、国際線側にある吉野家へ。国内線のレストランは混んでいる場合もありますが、国際線はかなり人が少ないです。
f:id:chiri3526:20210527110751j:image

頼んだのはタコライスに牛肉を乗せた「ビフタコ」。空港で沖縄独自のメニューにも関わらずわずか600円で食べられます。中央にはサルサソースがかかっており、これだけでも酒が飲めるほど濃厚な旨味と辛味です。
f:id:chiri3526:20210527110742j:image

座席からは飛行機も見ることができ、ここで食べてもいいですが、テイクアウトで制限区域内で食べました。

tabelog.com

最後もバルク席でゆったり

f:id:chiri3526:20210527110824j:image

最後も78Mという国際線機材だったので、個人用モニタを使いさらにバルク席で足もと広々でした。もはやビジネスクラスレベルの快適さです。
f:id:chiri3526:20210527110819j:image

トイレにウォシュレットもついており、設備の高級さが伺えます。どうでもいい話ですが、手洗い用の洗剤はANA独自のソープでいい香りです。
f:id:chiri3526:20210527110816j:image

バルク席の場合は、こちらの側面から画面を引き出して利用することができます。

 

沈む沖縄の夕日と機内コンテンツの恋愛ドラマを見ながら、旅は、終わり。