きのうは水とまつげしか食べてません

3分で読み切れる記事を書いていきます。

出来合いのおせちに感心のない私に届いた高級おせちを晒す

今更だけどもお正月に、

おせちが届いたのでその内容を晒していく。

 

ダイワロイヤルホテルズ

「寿ぐおせち」

 f:id:chiri3526:20140106112618j:plain

 

 

おしながき

壱の重

f:id:chiri3526:20140106112855j:plain
  • 栗きんとん
  • ぶり照り焼き
  • 鮭とイクラの親子漬け
  • 海老艶煮
  • かに新丈
  • とこぶし旨煮
  • 紅鮭昆布巻
  • 黒豆金箔飾り
  • 数の子鼈甲漬け
  • 魚の子旨煮
  • 紅白なます
  • 酢牛蒡
  • 田作り
  • 金柑甘露煮

弐の重

f:id:chiri3526:20140106112911j:plain
  • ローストビーフ
  • パパイアマンゴーデザート
  • ローストポーク
  • 伊達巻
  • 数の子松前漬け
  • かにのテリーヌ
  • 彩りマリネ
  • ごぼうのベーコン巻
  • かつお胡桃
  • 海老のチーズサラダ
  • 小鯛のひしお焼
  • ローズサーモン
  • コルニション
  • 若桃シロップ漬け

関係者の方から頂いたものなので、実際に購入したわけではないが

品質とボリュームはかなりのものであった。

 

ローストポークカニのテリーヌなど

おせち料理が苦手な子供にも食べられるものが多かったのも吉。

 

 

実物があって、おしながきがあるのに、

「どれがどれ?」

というほど様々な料理が入っていた。

 

おせちは作るものという世代ですが、

こうやって美しい日本料理を嗜むのもアリだなと感じた。

 

 

ちなみにその後実家のおせちを食べに行くという食欲。

 

デブにならずに理想的な体型に、なりたい。